今回は、
「ヒットするには「大量投稿」が基本」
という話をしていきます。

「YouTube大量投稿」で中小企業の売上を上げた事例

私が時々紹介しているYouTube関連の著者で、
YouTube戦略コンサルタントの菅谷信一先生という方がいらっしゃいます。

この方の書籍で、
「YouTube大富豪7つの教え」という本や
「YouTube動画・スマホ活用で人生・ビジネスを100倍開花させる法」という本があるので
一度は読んでいただければと思うのですが

彼のYouTube戦略では、
私達のような中小・個人ビジネスがYouTubeを使って実際に売り上げを上げたり、お客さんが増えているという実績が出ているんですね。

YouTube大富豪7つの教え―わずか180日で1億円稼いだ最新動画戦略の神髄

そして、何がその戦略の中核なのかというと、
「大量投稿する」という事です。

実力が足りなくても、「数」にモノを言わせる集客が可能

ひとつの例としては、
1500動画投稿して、地域の検索キーワードや特定の検索キーワードなどを
YouTube動画で独占してしまう
という例があります。

どのキーワードで動画を出していくのかをエクセルの一覧にリストアップして、
その組み合わせをタイトルとして 片っ端から動画を作って投稿していくのです。

私もYouTubeから展開していった時に、
(さすがに1500本も出せていませんが)100本以上の動画を公開しています。

「1500本も出せ」とは言いませんが、
やはり、YouTubeで成果を出していく上では、「大量の投稿」は大切です。

※補足
1500本出しても、中身のない動画だったら 投稿スパムとみなされてしまうだけなので
あくまで、「内容のある動画をたくさん出す」という事は外さないで下さい

長期的に見ても100本は出すように考えていきましょう。

大量に動画を投稿すると、何がメリットになる?

大量投稿をするメリットを挙げます。

(1)動画数が多い方が、新しい視聴者を得やすい。

検索エンジン、関連動画、おすすめ動画、YouTube検索などで動画が露出する可能性が上がります。

(2)それ自体がリサーチになる。

いろんなテーマや角度で動画を出すことが市場リサーチになります。

動画を大量投稿していく上では、
できるだけ偏りなく、様々なテーマや、様々な角度から投稿するようにしてみて下さい。
意外と再生回数が伸びたり、視聴者さんから喜ばれるテーマが見つかったりといった事もあります。
また、思わぬテーマで ライバル(競合)が弱く、自分の動画が再生されやすいケースなどが見つかったりもします。
それが新しい市場開拓や、新しい商品開発に繋がったりもするのです。

(3)継続的に動画を投稿しているチャンネルはYouTubeから評価されやすい。

YouTubeでは、なるべく継続的に動画を投稿しているチャンネルほど評価される傾向にあります。

評価の高いチャンネルは、おすすめ動画に上がったり、関連動画に表示されやすくなったり、検索上位に表示されやすくなったりというメリットがあります。

そんなに投稿するのは大変だよ・・・

ただ、「そんなにたくさん動画を出すのは大変だよ」と思われる方もいるかと思います。

ですが、
お金をかけずに集客をして、視聴者から喜ばれながらビジネスを発展していきたいのであれば、多少の労力は必要になってきます。

一般にブログで集客する際にも、「最初は、100記事ぐらいは必要」と言われています。
どんな物でも、お金をかけずに集客をするなら「数」は必要になってきます。

しかもブログで集客をしようとしているライバルは大量にいますし、
今は競争率が極めて低いYouTubeの方が、勝ちやすいと言えます。

そして、YouTubeは動画数がたくさん蓄積してくれば自動的に再生され続けます。
「動画は資産」と思って続けてみて下さい。

「ネタが続きそうにない」と不安に思う方は、
私の他の動画で「ネタの尽きない戦略」を解説していますので参考にしてください。

 >>最初はパクれ!?動画ネタを無尽蔵に生み出せるYouTube発想法 

補足:

もちろん、100本なんて数を出さなくても 大ヒットする人もいますし、
100本出したからといって 動画の内容次第ではヒットしない人もいます。

あくまで、100本は「めやす」として考えていただければと思います。