今回は、
「投稿ネタが尽きないYouTube戦略」
という話をしていきます。


YouTubeで成果を出すなら、ある程度の「数」は必要

私はYouTubeで100万回再生されて自身の弱小個人ビジネスが軌道に乗るまでに、
100本以上の動画を公開してきたのですが、

100本でも 結構、少ない方だと思います。

YouTube界で結果を出している投稿者さん達は
200本、300本、500本・・と、
数百本の動画を出されている方も珍しくないからです。

やはり、これからYouTube展開をしていきたい方も、
ある程度の「数」が必要になってくるはずです。
(動画2~3本でいきなり結果の出る人は、そう いません。)

でも、そんなに動画のネタなんて無い!?

そうなると、
「動画のネタなんて、そんなに無いよ・・・」
と不安に思ってしまう方もいると思いますので、

今日はとっておきの投稿ネタ戦略をお伝えします。


それは、
「最初は、パクりでいい」というお話です。

「パクる」というと悪い印象を受けそうなので、
言い換えます。

「最初は、完全オリジナルでなくてもいい」という事です。

「完全オリジナルじゃなきゃいけない」という固定観念

自分でYouTubeチャンネルを運営していくとなると、
どうしても「自分独自のメソッド」であったり
「自分のオリジナル商品」について喋らなければならないと考えてしまいがちです。

しかし、

最初から「自分の完全オリジナル」のネタを出さなくてもいいのです。

むしろ、
最初から「完全オリジナル」を出しても、再生されにくいので 推奨しません。

超人気YouTubeアーティスト集団の集客戦略とは?

例えば、
日本の超有名なYouTubeチャンネルで、
「Goose house」というチャンネルがあります。

goosehouse

チャンネル登録者数約80万人で、
総再生回数3億回近くに上っている
超人気シンガーソングライター集団のチャンネルなのですが、

彼らの人気の動画シリーズは、「カバー演奏」なのです。

人気のポップス曲などを
凄く素敵にカバー・アレンジして演奏している動画が、
数百万回も再生されています。

ですが、これはパクりではなくて、
彼らなりのアレンジを加えて、彼らなりのテイストで演奏しているため
そのチャンネルの「特色」が見えるのです。

その結果、
「彼らの演奏を見たい」という人がライブを見たり、
「彼らのCDが欲しい」という人がCDを買ったりしています。

言ってみれば他人の曲を演奏しているのにも関わらず、
なぜこんなに動画が再生されているのか?

もちろんそれは、
『実力があるから』という理由も大きいのですが、

「みんなの関心がある曲」を題材に、カバー動画を数多く出しているからです。

最初から、完全にオリジナルの曲をやるのではなくて、
「みんなの関心がある曲」を演奏することによって、
まずは新しいお客さんに視聴してもらう事にフォーカスしているわけです。

そこから、徐々にファンになってもらった人達に、
本当のオリジナル曲を聴いてもらったり、独自の演奏を聴いてもらえば良いのです。

あなたのビジネスではどうすればいいか?

じゃぁ、これを見ているあなたがどうすれば良いのか?

まさか、
「カバー演奏の動画をアップして下さい!!」・・という訳ではありませんのでご安心下さい。

ここから、「ヒント」を得て欲しいと思います。

いきなり自分のオリジナルのネタを話すのではなくて、
「視聴者が関心を持っていること」をテーマにビデオを企画していくのです。

(例)書籍・雑誌リサーチ法

多くの視聴者が関心を持っていることは、
すでに本屋さんで 一般の書籍や雑誌に書いてある可能性は高いです。

たとえば、
あなたがダイエットの専門家だとします。

世の中で「リンゴダイエット」が流行っているのであれば、
「リンゴダイエット」について あなたなりの見解を、ビデオで述べて下さい。

  • 否定するのでも良いですし、推薦するのでも良いです。
  • あるいは、「リンゴダイエットをやるなら、もっと上手く行く方法があるよ」などの補足的なアドバイスでも良いです。
  • 「正しいリンゴダイエットの実践方法」でもいいでしょう。

すると、
リンゴダイエットに関心のある人が大量に集まってきて、
あなたの動画を見て あなたの見解を聞いた結果、
あなたに賛同した人が一定数いれば、ファンになってくれる可能性があります。

最初から、
あなたのオリジナルの「●●式ダイエット法則」を動画にするよりも、
関心を持ってもらいやすいのです。

トレンドから話題・ネタを「借りてくる」というスタンス

このように、
健康雑誌やダイエット雑誌は
毎週のようにトレンドや話題を生み出しているので、毎週のようにネタは尽きないはずです。

こうした話題を借りてきて、
自分なりの調理を加えてビデオにしていくことで、
どんどんネタが尽きずにYouTubeを続けていくことができます。

自分でネタを考えなくても、
テレビや、新聞や、雑誌などがネタを提供してくれます。

今回の例では「トレンド」からネタを発想する方法を紹介しましたが、
他にもまだまだ無限にネタを発想する方法があります。

ぜひ、あなたの業界にも当てはめて お試しください。