なんてこった。

ベース以外にもYouTubeのサブチャンネルをやっていたんですが
2年間くらい放置してたチャンネルが
勝手に再生回数10万回、チャンネル登録者数800人になっていた。ビックリ。
 kaisetsu
「解説YouTuber淳」というふざけたチャンネル名。
もっとも再生されている動画が「Wi-Fiとは?」というひたすら丁寧にWi-Fiについて解説をした動画で6万回。

【「チャンネル登録者数」は勝手に増える】

  
これでびっくりしたのは、
2年間本当に全くYouTubeを更新してないのに、勝手にチャンネル登録者数が800人に増えていたという事です。
 
 
よく、ナントカYouTubeコンサルタントの人達が
 
・「まずはチャンネル登録者数を増やしましょう!!!」
・「相互登録をしましょう!」
・「特典をあげることを引き換えにチャンネル登録を促進しましょう!返報性の法則を使って、チャンネル登録者を増やすのです!」
 
・・・などと言っているのを聞くんですが、
 
僕は「登録者」を増やすための小手先テクニックを使ったことが無いです。
 
それでも有難いことに メインチャンネル7500人、サブチャンネルに800人も集まってくれています。
 
 
その理由は何なのか考えてみました。

【「価値提供」をしていれば、登録者さんは自然に集まる】

 
 
僕のYouTube戦略は「ビデオを作ったら長期的に放置」で様子を見ます。
 
「その動画が 視聴者にとって役に立つ・面白い・ためになる内容ならば、チャンネル登録してくれる人は勝手にふえるだろう」
という、価値をベースにした評価主義だからです。

(もちろん、内部SEOと同じで、タイトル・タグ・説明文など 最低限やるべき施策は勉強しておく必要があるけれど)

これまで10個くらいチャンネルを作ってきたんですが、当然 全然伸びないチャンネルもあります。
どれだけ頑張っても登録者が増えないチャンネルは、単に価値提供できていないのか、対象の視聴者がYouTubeアカウントを持っていない層ばかりなので単にチャンネル登録という概念を知らない人が視聴しているのかのどちらかです。(おじいちゃんとか)
そういう時は諦めます。

【Twitterで相互フォローすることぐらい意味がない】

 
YouTubeでチャンネル登録者を増やすための小手先テクニック
(相互登録、プレゼントオファー、動画の中でやたら登録を迫る等)をするのは、
 
「Twitterで相互フォローをしてフォロー返しをもらってフォロワー数を無理矢理増やす」という人為的なフォロワー増やしに似ており、表面上の数字は増えていくけど本質的には無属性な人がフォロワーに集まっているだけなので 僕のような活動形態では意味がありません。
facebookで見境なくフレンド申請をしまくるのも同じだと思います。
 
 
YouTubeもソーシャルメディアの一種なので 人為的な作業量のゴリ押しでチャンネル登録を増やすことが出来なくはないけど、そこに労力を費やすくらいなら、1つでも視聴者に価値提供できるビデオを作って世にリリースすることにフォーカスした方が良いということがわかりました。