●YouTubeの地味な新機能。いったい何が変わるの?

YouTube投稿者側で、「再生リストの効果測定」が行えるようになりました。

これで何のメリットがあるの?という件ですが、

『「再生リスト」をうまく活用すると、動画をたくさん再生してもらいやすいですよ』
という事がより明確になったという事です。

※再生リストとは、好きなYouTube動画を並べてリストにして公開できる機能です。

再生リストを設定すると、一度に2~3回つづけて動画が視聴されることが判明

今回YouTubeが新しく追加した機能とは、
自分の「再生リスト」の統計データ(再生回数や視聴時間など)を分析できる機能です。
(YouTubeアナリティクス機能に追加されました)

そこで、早速使ってみたのが 図のデータです。

saisei_analytics

・再生リストの起動回数に対して、再生回数が2.3倍ほど。

 ↓

つまり、再生リストで視聴してもらうと、
一度の再生で平均2~3個つづけてビデオを視聴されているという事です。

シリーズ物や、同じカテゴリの動画を「再生リスト」にしておくと
2~3個つづけてけて見てもらえる効果があるという事ですね。

新たに動画を投稿しなくても、再生回数が増える!

先日の記事で、
「YTO(YouTubeチャンネル最適化)をしましょう」
と書きましたが、
>>YTO(YouTubeチャンネル最適化)(1)トップ画面の配置を変えるだけで再生数が上がる

再生リストの設定も、YTOの一つです。

新しい動画を投稿しなくても、
今ある動画を組み合わせて「再生リスト」を設定しておくだけで、

  • 検索にかかるキーワードが増える
  • 関連動画に表示される機会が増える
  • よりたくさんの人に動画を視聴してもらえる機会が増える

・・・という、様々なメリットがあります。設定も簡単ですし。

僕のチャンネルの場合では、
再生リストだけで10%ほど再生数が上がっていますね。

再生リストは 他の人の動画もリストに入れることが出来ます。
うまく活用するとアイディア次第でかなり面白いことができるので、
おすすめの機能です。

▼再生リストの追加、編集、削除方法