ICレコーダー+ビデオカメラで、弱点を補い合おうZE

10406547_769340946421181_5806748551397840223_n

先日、英会話イベントの動画撮影をした時のセッティング。

右サイドに付いてるのがICレコーダー(ボイスレコーダー)です。

音声はできるだけ良い音で撮りたかったので、別録りでICレコーダーを使いました。

・映像はカメラ
・音声はICレコーダー

で別々に収録して、あとで編集でくっ付けるという方法です。

なんで音声だけ別にするかというと、

ビデオカメラの内蔵マイクは、あまり音質が良くない&カメラの「ジー」という作動音が入ってノイズになったりするので、好きじゃないからです。

外付けの良いマイクを買って付ければ済むんだけど、
もしもICレコーダーを持っているなら こんな風に別録りをするのも手です。

※本当は、ICレコーダーは 喋り手のすぐ近くに置いておいた方がいいです。
セミナー録画とか対談録画とか、喋り手がほとんど動かない場合なら、すぐ近くにICレコーダーを置いておいた方が クリアーな音が録れるからです。

今回は、僕自身も色々と動き回りながら複数の喋り手を撮影したかったので、こんな風にICレコーダーをカメラにくっ付けて動いてました。